So-net無料ブログ作成
検索選択
非日常 ブログトップ

なつやすみ [非日常]

15年会ってなかった祖母に会いに行きました。
もう96歳です。自分が子供の頃からおばあちゃんでした。(あたりまえか)
祖母と母と兄と甥が一緒にいるのを見て、「なんかすごい」と思ってしまった。
先日読んで感銘を受けた漫画『自虐の詩』の、
「この町に住む全ての人がお母ちゃんから生まれた」のコマを思い出した。
当たり前のことがすごい。

小学生の頃は夏休みになると毎年母の実家に長期滞在をして
まさにゲーム『ぼくのなつやすみ』のような時間をすごしていました。
そのゲーム遊んでないけど。
久々に訪れたその町は観光開発されて少しだけ様子が変わっていたけど
ちょっと歩いただけでこみ上げてくる、セミ取り、カブトムシ、トンボ、花火、絵日記、
川遊び、商店街のお祭り、プラモデル、木工作、おがくずのにおい、早朝の豆腐屋のにおい、
ドブのにおい、打ち水、軒下のツバメの巣、カルピス、サイダー、おじいちゃんの養命酒、
時を告げる町役場のチャイム(アマリリス)のイメージ
子供の頃の経験は濃密に刻まれるんだなー。

じいちゃんと言えば。
アマゾンで引っかかるとは思わなかった亡き祖父の歌集。
在庫があれば買うんだけどなー。本当は「晝の星」

昼の星―野木一宇歌集 (1975年)

昼の星―野木一宇歌集 (1975年)

  • 作者: 野木 一宇
  • 出版社/メーカー: 潮汐社
  • 発売日: 1975
  • メディア: -


温泉 [非日常]

先月から温泉に入る機会が続いて嬉しいです。
帰省した時には両親と角島へドライブしたついでに
山口県の道の駅「蛍街道西ノ市」に併設している温泉に。
その帰省の帰り道に長野へ寄り道して湯田中温泉に。
そして先週、職場の研修で熱海に行きました。どれも良いお風呂でした。
温泉に浸かってても泉質の違いが精神的には直接響きはしないのですが
大浴場や露天風呂の広さ、ロケーションが温泉の満足度に大きく影響します。
ぶっちゃけ、ロケーションがよくて広ければ水道水でもいいのかも知れません。
(海っぽい臭いやわずかな硫黄臭も温泉!って感じがしてなお良いですけどね)

長野で入った湯田中の「よろずや」さんのお風呂が
露天、大浴場ともに今まで入った中でいちばんのお風呂でした。
大浴場の建築も庭園そのもののような露天風呂もいつまでも居たいと
思った空間でした。こんなお風呂です。↓
http://yudanaka-yoroduya.com/bath.html


金具屋 [非日常]


信州、渋温泉の金具屋さんという旅館です。
前を通っただけなんですけど、キレイにライトアップされていたので
つい写真を撮ってしまいました。
某巨匠の神隠しアニメの油屋のモデルのひとつとも言われているそうです。へー。


地獄谷 [非日常]

温泉につかる猿を見てきました。
本当は「猿と混浴」というのをやりたかったのですが
それが可能な(かもしれい)宿は予約が取れませんでした。残念。

長野電鉄の果ての駅からバスに乗って15分。

ここからは車が入れないので、林道を徒歩で。

左側は急斜面だし、雪が溶けて凍った道はすべるし足元は軽装だしで
踏ん張りながら歩いたので翌日は筋肉痛でした。

ここらにはニホンカモシカもいるみたいですが見れなかった。

林道を抜けると目の前が開けて、一軒宿の後楽館さんと地獄谷の大噴泉が
目に入ります。

噴泉を上から、奥に見えるのが後楽館。蒸気の右奥が後楽館の露天風呂(混浴)。
対岸からすぐ近くで丸見えですが、
冬季の早朝には猿が入りに来ることもあるそうです。
どうせ暗いうちは誰も林道を通れないですし。

そこからすぐ奥に、地獄谷野猿公苑があります。入宛料500円。

そこからはもう、猿だらけ。猿用の露天風呂まであります。


平日だというのに人がいっぱい。しかもほとんど外人。

そういえばライブカメラに映ってるのもほとんど外人だ。
http://www.jigokudani-yaenkoen.co.jp/livecam/monkey/index.htm


下関駅が火事で焼失!! [非日常]

マイカテゴリーを日常にしようとして、
こんな日常があってたまるかと一人ツッコミ。
http://www.asahi.com/national/update/0107/TKY200601070077.html
下関というのは自分の故郷です。
子供のころは、家の近くの単線の駅が自分にとっての「駅」の基準だったので
山陰線、山陽線、鹿児島線が乗り入れるターミナルである下関駅は
ずいぶん大きい駅=都会というイメージがありました。
実際は、たまに帰ったときに行ってみると、こんなに小さかったっけ?
というようなシンプルな駅です。
1942年の築だという三角屋根の駅舎は、思い出や思い入れもあり、
帰省の度にたちよる名店街や駅うどん屋もなくなってしまったのは
本当に寂しい限りです。


非日常 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。