So-net無料ブログ作成
検索選択

自虐の詩 [漫画]

名作と名高く泣けると評判の業田良家の漫画
『自虐の詩』をいまさらながらやっと読みました。
本当に泣けるのか~?とか俺は泣かないとか
斜に構えるようなことはせず、
むしろ泣き所を読み逃さないように泣く気マンマンで
読ませていただきました。
泣くよなこりゃ。読みかえしては泣く。思い出しては泣く。
BSマンガ夜話でパネラーたちが熱く語りながら涙目に
なってたというのもうなずけます。
これを4コマギャグマンガで、おそらく今の自分より
若い年齢で描いた業田良家がすごい。
読んだのがこの歳になってからで良かった。20代の
自分にはこの良さはわからなかったかも知れない。
大絶賛しつつも、価値観の押し付けになっちゃいそうなので、
うかつには人には薦められないような気もします。

自虐の詩 (上)

自虐の詩 (上)


自虐の詩 (下)

自虐の詩 (下)

  • 作者: 業田 良家
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 1996/06
  • メディア: 文庫


モンパト完結 [漫画]

ついにモンキーパトロールの最終巻が……。
番外編が出るらしいですが本編は完結です。
ラブコメの部分も良いですが、ギャグ漫画としても
最高だったし、キャラ達はみんな好きだったし(特にヤイチ)
これで最後かと思うと寂しい限り。
さー、何度も読むぞ。

モンキー・パトロール 7 (7)

モンキー・パトロール 7 (7)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

モッコロくん [漫画]


これがモリゾー。


これがキッコロ。
© Japan Association for the 2005 World Exposition

彼らとは関係ありませんが、

これがモッコロくんです。

モッコロくん 1 (1)

モッコロくん 1 (1)

藤子・F・不二雄ファン暦30年くらいになりますが、
コレ知らんかったーー。
この期に及んではじめて読める漫画があったなんて驚きです。
ありがたや。


らいか・デイズ [漫画]

4コマ漫画雑誌が好きです。
一時はかなりの種類の4コマ漫画雑誌を買っていましたが
芳文社の雑誌の細分化が妙に進んで追いきれなくなったので、
最近は竹書房のものに絞って買っています。

そんな感じでここ数年ノーチェックだった芳文社の
"まんがホーム"の看板漫画(たいていの4コマ漫画誌は
表紙と巻頭カラーの作品が固定)、『らいか・デイズ』を
今更ながら初めて読んで、ハマってしまいました。
"有能な女性"ってのは4コマ漫画誌ではありふれた題材ですが、
主人公が大人びてなくて子供が子供らしいのも、
恋愛に不器用なのも、主人公を取り巻く登場人物が全部好きだと思える
やさしい世界もツボです。何度でも読み返したくなります。
ラブコメ好きの人にもオススメです。

らいか・デイズ 1 (1)

らいか・デイズ 1 (1)


らいか・デイズ 2 (2)

らいか・デイズ 2 (2)

  • 作者: むんこ
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2005/10/03
  • メディア: コミック


「道士郎でござる」最終回 [漫画]

昨日発売の少年サンデーで「道士郎でござる」が
最終回を迎えました。大好きな漫画だったので寂しいのですが
これくらいの長さで終わると、ずっとコミックスを大事に持っていられそうで
よいですね。気を抜くと家が本だらけになってしまうので
20巻30巻とつづくコミックスは途中で集めるのをやめたり、
連載が終わる頃に手放してしまいます。
……それでも手放せないものだけで、
本棚押入れや実家が大変なことになってますが。

道士郎でござる 7 (7)

道士郎でござる 7 (7)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。